カテゴリー別アーカイブ: 馬刺し・馬肉の豆知識

タイガース岩貞選手もご用達の鮮馬刺し!:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

タイガース岩貞選手もご用達の鮮馬刺し!:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

 

こんにちは。田中です。

熊本出身の野球選手、阪神タイガースの岩貞選手の
記事が掲載されていました!
↓  ↓  ↓  ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161011-00000513-sanspo-base

 

馬肉はスポーツにもピッタリの食材です!

岩貞選手、頑張ってください!!

 

 

 

スポーツと馬肉:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

スポーツと馬肉:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ




こんにちは。田中です。
先日、熊本県南部に位置する人吉市へ行ってきました。
ジャイアンツの打撃の神様「川上哲治」の記念球場で息子の野球の試合でした。
DSC_1092.JPG
































川上哲治さんといえば、野球ファンで知らない人はいないでしょう。


中には、ショーケースがあり、

当時のユニフォームやトロフィーなどがたくさん展示してありました。

野球オヤジの私は、年代は違えど数々の展示物にテンションが上がりました!

また、ここでホームランを打つと(フェンスオーバーに限る)
球場のロビーに名前が掲示されるんですね。。
見ていると、高校野球また中学野球でもたくさん名前がありました。
両翼97mのフェンスオーバーは中学生にとっては難しいハズですがスゴイですね。
私の息子はまだまだなので、
馬刺しを食べてパワーをつけてもらいたいと思います。。
全国の野球ファンのみなさん、また巨人ファンのみなさん、
熊本にお越しの際は、人吉市に行ってみて下さい。
川上哲治さんのすごさを感じる事ができますよ?!
あと人吉温泉、馬刺しももちろんあっていい所ですよ。




黄色っぽい脂って:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

黄色っぽい脂って:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ



こんにちは。田中です。
お客様からの質問がありましたので、ご紹介いたします。
Qたまに黄色っぽい脂の馬刺しがあるのですが、品質・味は大丈夫ですか?
Aはい。大丈夫です。
 見た目は黄色がかっていても、品質や味は白い脂のものと全く変わりません。
 なぜ黄色がかった脂のものが出るかというと、雌馬の出産したものが
 黄色がかってくる場合がございます。それは、牛でも経産牛といって同じです。
 出産前の肥育方法でグラス(牧草)が主となるため黄色になると言われています。
 ただし、私もよく食べたものですが、結論、味は全く変わらないです。
 かつて営業マンだった時代、牛も取り扱っていたのですが、
 「A5の雌」限定の仕入れをする焼肉屋さんもいらっしゃいました。
 なんでも、雌のほうが甘味があり美味しいとか・・。
 確かに菅乃屋の店舗にいらっしゃるお客さんの中には、この黄色脂があれば
 優先的に回してくれ!とおっしゃる方もいらっしゃいます。むしろ黄色の方が
 味や風味がまろやかだと言われます。
 なので、安心してお召し上がり下さい!

菅乃屋の考える鮮度:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

菅乃屋の考える鮮度:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ



こんにちは。田中です。
今、牛肉などは熟成肉などが流行っていますね。。
では馬刺しも熟成したほうが美味しいのでしょうか??
「いいえ!」
「馬刺しは鮮度が命です!!」
馬刺しは鮮度がいいほうが美味しいです。
世の中に流通している馬刺しは、鮮度がいいものしかありません。
その中でも、
菅乃屋の馬刺しは他社よりももっと鮮度がいいのです!
なぜか?
その秘密は↓  ↓  ↓
bnr-knd.jpg

































馬刺しの産地で目に付くカナダ産、メキシコ産、モンゴル産・・
そのほとんどは、現地で加工されお肉のブロックになったもの。
それを船や飛行機で輸入し、日本に入ってきます。
それらは問屋、スーパーなどを経由し、最終的に消費者の食卓に並びます。
当然、お馬さんが屠畜されてお客様のお手元に届くまで相当な時間を要します。
それに比べて菅乃屋の馬刺しはどうか?
まず、大きく違うのは
お馬さんを「生きたまま飛行機で日本に運んでくる」という事。
これはなかなか他社さんでは真似できません。
そして国内で肥育します。(この時肥育期間が長い方が産地となります。)
ついに製品化する日がやってきます。
その当日まで生きていたお馬さんは、
その日には製品化されます。
実はここでも他社とは圧倒的に違うのです。
他社の場合、県や市の屠畜場に連れて行き、そこで屠畜されたものを
自社に持ち帰り、解体・加工するのが普通です。
この持ち運びだけでも、鮮度が落ちますよね・・。
でもわが社の場合
社内で屠畜し、出荷まで全て一貫生産しています。
こんな工場です↓  ↓  ↓
工場の写真.jpg









































その日まで生きていたお馬さんは、自社で一歩も外気に触れることなく、
5度に保たれた室温の工場で鮮度を維持したままカットされ、急速冷凍され、
その日にはいつでも出荷できる状態にまでなります。
これはスゴいスピードですね!!!
鮮度がいいのは当たり前!!
「鮮度がいい」という言葉は誰でも使えますが、
私たちが考える「鮮度」とは、このレベルがその定義なんですね!!
だから「安心・安全」な馬刺しなんです。
出荷量日本一のわが社ですが・・
鮮度も日本一です。

東京に行ってきました!:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

東京に行ってきました!:馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ



こんにちは。田中です。
私事ですが、息子の中学野球の全国大会で東京に行ってきました!
残念ながらベスト16で敗退してしまいました・・。
全国のレベルは凄い!!
彼らが甲子園とかで活躍しプロに行くんでしょうねー!
私の息子はノーヒットでした・・。
開会式↓  ↓
DSC_0171.JPG























その他(笑)
DSC_0231.JPG





















DSC_0247.JPG





















DSC_0238.JPG




























最終日は負けたので、いろいろ歩きまわってきましたー。。



息子はまだ中1なので、、来年も頑張って東京に来たいと思います。

もっと馬刺しを食べて、全国のチームに負けない体力を付けなければ!!