[肉用馬の種類] 馬刺しの本場熊本よりお取り寄せ

こんにちは。田中です。

本日は当店の牧場にてお馬さんの写真を撮ってきました。

ここで豆知識ですが、

馬にもいろいろな種類があり、それらがすべて肉用に向いているわけではありません。
私たちがよく目にするサラブレッドなどの競争馬は、食べるものではなく、やはり走らせる
ための馬です。食用馬として代表的な馬は以下の3種類とその交配種です。

・ブルトン
 フランスが原産国の肉つきのよい馬。前足、後ろ足が太くボリューム感たっぷりの肉用馬です。

・ベルジャン
 ベルギー生まれの馬でカナダ、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、ロシアなど世界中に
 分布しています。肉つきは中程度といえます。

・ペルシュロン
 世界で一番大きい原種で、足が短く胴体が太いのが特徴です。フランス、ロシア、カナダ
 などに多い蓄種です。体重も1トンと乗用車なみです。

 

さて、当店のお馬さんはとても人なつこく、近くに行くと次々に私に近づいて来ます。
たまにお客さんなどを連れて見学していただくのですが、みなさんその大きさにビックリされます。
触ることができるくらい近くにこんなに大きな馬が何頭も現れ、圧倒されます。

本日は牧場よりお馬さんのリポートでした。

鮮馬刺し画像 067.jpg

コメントを残す